HOME > 補償・慰謝料について

補償・慰謝料について

補償・慰謝料について

交通事故での通院には慰謝料も支払われます

自賠責保険では、交通事故の治療期間1日あたり一律4,200円の障害慰謝料を支給するよう決められています。
その基準となる日数の計算方法には2通りあります。

1. 治療期間
2. 実治療日数×2


2つのうち、どちらか少ない日数で計算します。
「治療期間」とは、治療開始した日から治療を終えた日までのことで、入院期間と通院期間と足したものです。
その間に何日医療機関に通ったかは関係ありません。
対して「実治療日数」とは、治療のために実際に医療機関に通った日数のことです。
つまり交通事故の治療で50日入院し、退院してからの100日の間に40日間通院したとすれば、

1. 治療期間 50日+100日=150日
2.実治療日数 (50日+40日)×2=180日

となります。この場合、少ない方の「150日」に4,200円を掛けた金額が慰謝料として計算されます。
またその上限は120万円までです。

保険会社からの慰謝料はどのように支払われますか?

通常、どの保険会社でも当院からお送りする「診断書」「診療報酬明細書」をとりまとめるのが月末です。
その上で、患者さまにお支払いする賠償額などをまとめた計算書を送ってきますが、大抵は翌月の10日以降で、これまた月末近くになるかもしれません。

つまり、たとえば当院で1月に治療を終えた患者さまの場合、保険会社が書類処理するのは2月の中旬~下旬ごろということになります。
患者さまは計算書を受け取り、承諾して保険会社に送り返します。
こうしてようやく、患者さまに慰謝料が支払われます。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒586-0001
大阪府河内長野市木戸1丁目
1-3-102

【診療時間】
月~金
8:30~12:00 16:00~21:00

土曜日
8:30~12:00 16:00~18:00

【休診日】日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら