HOME > 交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた方へ

交通事故に遭われた方へ
面倒な手続きはすべてこちらで代行します

交通事故の場合、治療費は自賠責保険でまかなわれます。
そのため治療費は保険会社が支払いますので患者さまご自身の新たな金銭的負担はありません。
0円です。

自賠責保険に関する保険会社との交渉はこちらで行います。
患者さまはすぐに治療を受けることができます。
保険会社に「さくら整骨院に通院します」という連絡だけはしていただかなければなりませんが、そのご連絡は来院後でもかまいません。

まず当院にご相談ください。
ですから患者さまは手ぶらでお越しいただいて大丈夫です。
すでに通っている整形外科などあるようでしたら、診断書があった方がより的確に施術できます。

自賠責保険と任意保険のちがい

車を運転する上で、必ず加入していなければならない強制保険が自賠責保険です。
「人身事故での対人賠償」を保障するもので、その上限金額が死亡3千万円、障害120万円です。

自賠責保険の支払い限度額

傷害による損害 治療費、休業による損害、慰謝料の合計で最高120万円
後遺障害による損害(神経や精神的な障害、体の内部に大きな障害が残って介護を必要とする) 失った利益、慰謝料 →常時介護を必要とする場合は最高4千万円 随時介護の場合は最高3千万円
上記以外の後遺障害による損害 程度に応じて75万円(14級)から最高額3千万円(1級)
死亡するまでの傷害による損害 治療費、休業による損害、慰謝料の合計で最高120万円
死亡による損害 葬儀費、失われた利益、慰謝料(本人・遺族)の合計で最高3千万円

そのため次のような場合は、任意保険でカバーすることになります。
  • 対人賠償責任が、自賠責保険の補償範囲を超えた
  • 相手の車や家の塀など、他人の物に損害を与えた
  • ぶつけた本人(運転者)のケガ
  • 自分の運転する車・バイクが壊れた

事故に遭ったらまず警察へ

事故に遭ったらまず警察へ

自賠責保険についての特別な手続きは必要ありませんが、事故証明がなければ保険はおりません。
事故に遭われた場合は、まず警察に届けてください。

また保険会社から「当社指定の医療機関に行ってください」と言われる場合がありますが、どの医療機関に通うかを決めるのは患者さまご自身です。
保険会社にそんな強制力はありません。
患者さまが「この整骨院に通院する」と決めて保険会社に告げれば、あとは保険会社と整骨院とで話し合いをします。
また保険会社は、患者さまが指定した医療機関へ、すみやかに手続きを行う義務があります。

自損・被害者・加害者・ひき逃げ
これまで当院で一番多い事故は「自損事故」ですが、それ以外にもさまざまなパターンが考えられます。
自賠責保険は被害者だけでなく、加害者としてのケガの治療でも、過失割合が100%でなければ自賠責保険は適用されます。

一番困るのは、「ひき逃げ」や「相手が無保険車」の場合。これでは自賠責保険が使えません。
この場合も、まずは警察に事故を届けて事故証明を受けてください。そして加入されている健康保険に事故に遭ったことを連絡してください。
これでまず治療費を10割から3割にすることができます。

次に、政府保障制度を使って治療後に治療費の還付を受ければ患者さまのご負担を0円することができます。
このように困ったことがあっても、何か方法があるかもしれません。お悩みがあればお気軽にご相談ください。
アクセス


大きな地図で見る

【住所】
〒586-0001
大阪府河内長野市木戸1丁目
1-3-102

【診療時間】
月~金
8:30~12:00 16:00~21:00

土曜日
8:30~12:00 16:00~18:00

【休診日】日曜日、祝日

お問い合わせ 詳しくはこちら